法人を立てた経緯と会社を作るまでを振り返ってみた

合同会社ちょる流というふざけた名前の会社を作って早1年。

無事決算報告も1人で済ませましたー!

というわけで今回会社を立てた経緯と1人で手続きをするやり方について書いていきたいと思います(^ ^)

フリーランスの方で会社を設立したい方や、設立したいけど税理士に頼む余裕のない方や、こんな理由で会社立ててええの?って言う人までいろんな人にみていただきたいです(^ ^)

会社の前にそもそも起業したきっかけは?

実は起業なんてする気なかったんです笑

副業感覚だったので。

当時流行っていた転売に活路を見出し、3ヶ月やった後に仕事も全て辞め結果論的に起業したという形になりました。

「食べるもんなーい!」

「家賃払えなーい」

「詐欺商材やったー」

「コンサルのお金振り込んだ瞬間に飛ばれたー」などの期間もありましたが笑

諦めずに勉強を1年以上コツコツコツコツ。。。

そして気がついたら今に至るって形ですね。

その間も色々ありましたが生きているんでなんでもいいと思ってます笑

会社設立の経緯は騙されたことから始まった?笑

実は会社を立てる気もさらさらありませんでした笑

法人って聞くだけで構えちゃうし、社長や代表取締役という身分に大しては憧れてましたがまさか自分がそっちに立とうなんてこれっぽちも思っていなかったので笑

法人税もたかそうですし、教員していたほうが安泰じゃ。と思っていたくらいです。

なので副業感覚でビジネスして借金を返済したら教員に戻ろうかと思っていたくらいです。

そして昨年の7月くらいですかね?

JVしていた人と縁を切り

※参考記事(実例の方をみていただけたらと思います)

ジョイントベンチャーって知ってる?

ちなみに今回の話と関係ないのですがこの記事の動画もかなり古いもので今見返してみたら

全員疎遠になってました笑(連絡をしたらご飯とかは行けるレベルです)

この3人も方向性の違いでまた思い知らされた部分もあるんで笑

まぁまた人間関係の話もしますね。

話は戻りますが、そのJVしていた方と縁が切れ、完全1人になった時

「どうしようかなあ」と考えていたわけですね。

しかも金銭状況も当時は悪く何も動けない状態に近かったので。

どうしよか悩んでいた時に紹介していただいた方が融資案件のブローカー業をされている方でした。

条件は「金融政策公庫で95%以上の確率で1000万円弱のお金を手数料1.8%で引っ張ってこれるよ!」って言われて。(金利は忘れましたがHPなどにも調べたら出てくると思います。)

※参考記事

政策金融公庫から融資を受けれると乗った挙句騙された話笑

その案件に乗っかかってできた会社なんですね。

資本金などはギリギリありましたが、結構危なかったですね(作れるかどうか)

「会社は人に頼まないとできない!」

という人もいますが、最近は1人でできちゃうんですね。

僕が実際に作った時に使ったサイトがこちら!

※参考サイト「会社設立ひとりでできるもん」

詳細はこちら☝︎

なので合同会社1つ作るのに資本金+トータル7万円くらいですかね。

そんなんで会社できちゃうんで

「社長ってすごいじゃないですか!」って言われても

「え?税務署に書類作って持って行ったらなれるで!笑」

と返します。

税務署にくる人も大してすごそうな社長さんいてませんよ笑

その話も記事か動画にしたいですね!

会社を設立するために必要なもの

1年前の話なので記憶が曖昧ですが←おい笑

会社を設立するために用意しないといけないものがあります。

会社のレベルとしては

合同会社<株式会社<有限会社(今は作れません)

で僕は融資に受かるためだけに合同会社を作りました。

今回は合同会社の話だけをしていくのですが

・商号(会社の名前)

・事業目的

・資本金

・事業年度・社員数

・会社印作成

・印鑑証明の取得

などを事前に行う必要があります。(抜けてる項目があったらすいません)

まぁまずは法務局行って「会社作りたい!」言うたら全部説明してもらえますし書類もくれます。

そして

・定款の作成

もしないといけませんね!

その後は

・登記書類の作成

を行います。

法務局の人の指示にしたがって作ってきて提出。

そして審査を待ちます。(自治体にもよりますが1週間くらいです)

審査が下りたら下りたでまた色々申請をしないといけません。

その後法人に関するグッズ(印鑑など)を作成したり、色々回って書類を提出しないといけません。

ですが結構税務署の方が教えてくれますし、ひとりでできるもんのサイトにも書いてありますので。。。

頭の中まで筋肉で埋め尽くされていた元体育教員の僕でもできたので、このブログ見ているあなたができないわけありません笑

必要なものは以上です!

決算したやり方についてもまたまとめますね!

融資面接の後の意外な結末

こっちの話のほうが気になる方多いと思うんで結末だけ書きます笑

金融政策公庫の面接受けて着金まで1週間でした。

先ほどの参考記事をご覧になったら詳細が載っていますが

※参考記事

政策金融公庫から融資を受けれると乗った挙句騙された話笑

着金1週間前ブローカーだった友達から電話がきて

「倉田くん融資落ちたらしいね。というか取引先がなくなっちゃって本当にごめんね」(記事にかなり生々しくリアルに書いているので一度ご覧ください(^ ^))

と連絡がきて僕は920万の借金を免れたわけです( ´▽`)

そのブローカーは金を横取りする気満々で、結局連絡はこちらからしてやっとお詫びの言葉がきました。

ですがここで「なんで向こうから詫びがないん?1000万ていうお金が動いてるのにおかしい!」ってなって連絡を絶ちました。

驚いたのはその後。

普通に「倉田さんブログすごいですねー!」などとLINEが。

呆れて返事もしませんでしたね笑

会社作りを手伝ってくれたことには感謝しますが、その後のフォローが一切ないことに人間性の低さと呆れ果てて疲れましたね笑

ですが今頃着金していたら間違いなく死んでました。(今だったら活かせてビジネスができますが)

お金を使いこなす能力がなかったと思うんで、多分仮想通貨で全部消えて今頃路頭に迷っていたと思います。

とことん運がいいと実感しますね( ´▽`)

まとめ

他にも色々騙されてはきましたが笑(今回の落ち目は融資案件後のフォローが皆無。むしろマイナスだったこと)

まぁ騙されるのは自分が悪いですね。

その後資金繰りというか、今までやってきた複数のビジネスが一気に加速したおかげで今も波はありましたがこうやって1人社長できております(^ ^)

(当時作らされた書類などは訂正しました。)

僕は本当に起業する気はさらさらありませんでしたし、野望も特にありませんでした。

高級なものには一切興味がありませんし、欲しくもないので笑

そんなことよりバドミントンしたいし、外食すること自体贅沢と思えるくらいの感覚なんで笑

そんなマインドでも起業して、会社1年保ててる訳で、自由な時間も満喫できておりますので起業も悪くないと思いますね。

ですが今後ビジネスを始めるのであれば人から奪うビジネスは一時的にお金は入っても3ヶ月と続きませんので(その後そのブローカーや取引先とは音信不通です。逮捕されたという噂すら立つくらいです)絶対やめましょう。

人に価値を提供して、認めてもらうビジネスは最初は苦労すると思いますが、そこを乗り越えるといい感じになるのかなと思います(^ ^)

1年、2年でうまくいくなんて思わない方がいいです。

焦りが生じるから普通の判断すらできなくなります。

僕みたいな真似はしないでくださいね(^ ^)

こんな話してよかったのかわかりませんが少しでも多くの方に刺さるものがあれば嬉しいなと思います。

いつもありがとうございます。

さらに詳細や続きが知りたい方はこちらから直接問い合わせてくださいね(^ ^)

倉田典幸公式LINEはこちら☝︎

 もしくは@noriyuki1228でID検索

では!

関連記事はこちら!

スポンサーリンク

シェアする