ビットコインキャッシュがアメリカ8つの州でお手軽に使用可能に!!

のりゆきです!

仮想通貨の時価総額第4位のビットコインキャッシュがなんとアメリカ8つの州で簡単に取引できるようになりました!(^ ^)

それがAthena BitcoinっていうATMですね!

アメリカでは結構ポピュラーなとこみたいで。

もともとビットコインのフォークコインとして生まれたBCHですが時価総額は未だ4位のまま。

可能性を秘めてますね。(BCTより期待している人は多いと思います)

Athena ATMsではたったの90秒でBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)を買うことができます。(すぐにスマートフォンのウォレットに着金します)

しかも銀行口座、クレジットカードやデビットカードは不要です。

現在、アメリカの8つの州とメキシコにATMを設置しています。(フロリダ、ジョージア、イリノイ、ミズーリ、オハイオ、ペンシルバニア、テキサス、カリフォルニア州)

これまでのビットコインとライトコインにビットコインキャッシュが加わったことになります。

あと最近ではP2P(ネットワーク上に存在する端末(コンピューター)が、一対一の対等の関係で通信を行うことを指す)で物品を販売できるマーケットプレイスであるオープン・バザールでのビットコインキャッシュ決済が始まったニュースもありました。

こうやってアメリカではビットコインキャッシュが今賑わっており、価値も上昇中。。。(2月20日現在164500円)

仮想通貨市場は荒れてもいますが勝っている人は常に逆を行ってますねー。期待がまだまだ持てる市場です。

ですが情報が速い人の共通点はやはり

「英語圏の情報を入手」

「精通した人と繋がっている」

情報でいうとyoutubeの情報っていうのは質的には一番低いものなので。。。(上質な発信者もいてますが出会える確率は低いです)

川の流れのように〜♪上流にはいい情報がたくさんありますが下流にくると色々と混ざっているわけで。。。

下から上にいくには努力せんといかんですね。(精通した人を探しまくる、セミナーにいくこと、引き寄せの法則とか)

自分で調べるのもいいですけどリサーチの仕方って意外とわからないものなので、まずはそこから調べることをお勧めします。

また最新情報が入り次第更新します。では!!

関連記事はこちら!

スポンサーリンク

シェアする