バドミントンシューズ 替え時はいつ??

のりゆきです!(^ ^)

いつも私のメディアご覧いただき感謝申し上げます。

ショッキングでもないんだけど、あーきたなーって感じの出来事がありました。

そうランニングシューズが壊れました。(_ _)

この靴社会人1年目に持久走の授業で若手の教員は一緒に走るというのが裏事情でありまして笑

そのために購入したんです

今までこの靴で何千キロと走ってきましたね(だいたいランニングやスポーツで使う靴は感覚がおかしくなったり、機能が落ちたり、ランニングでいうと半年から1年が替え時らしいですがこの靴は御年3歳でございます笑)

執念深い貧乏性が染み付いてる故に(長渕剛風に)捨てれずに履き続けていたんですね。

そして今日とうとう寿命が。。。(_ _)

Y社の靴なんでかなり頑丈のはずなんですが先ほど走っていたら急に「シューン」となって見てみたら壊れてました(_ _)

本当にお世話になりましたこの靴には

ワイヤー式なんでひもないからめちゃ楽だったんですけどね

きつく縛りたい人には向いてないです。

スノボの靴みたいに二つダイヤルあればいけるんでしょうけどね!

よく見てみたらいたるところに穴がありました。

よく耐えてくれました

そして捨てる時が一番大事。

「今までありがとうございました。また新たな出会いがあることを。」

さて一通り儀式は済んだので笑

本題ですね

バドミントンシューズの買い替え時!

これはいくつかの要素で決まると思います。経験則でお話ししていきますね!

(今まで30足くらい履いてきました。どれも1万近くするものなので参考になる方はなると思います)

・練習頻度・時間
・どのメーカーの靴か
・どのくらいの値段か
・フットワークがどれくらいのスキルか
・体重は?

重要項目だと思います!

まず一番大事な練習頻度・時間ですが

現役の時は週に6回・トータル週15時間くらい練習でした。

体大だったせいか動き回ってましたね。笑

ノック・パターン・トレーニング・ゲーム練・ダッシュ・ウエイト

全てを同じ靴でしていたので早い時で1ヶ月、持って3ヶ月で変えてました。

基準は靴になんらかの損傷や穴(右利きの場合は左足の親指のとこによく穴が空いてます)、グリップ性能、夏場だったら臭くなったら笑変えてました。

そしてオススメのメーカーですが

Y社の人がいってました。

「靴はミズノ!」

なんと良心的な人だろうと思いましたが笑

ミズノは確かに初めて履いた時が社会人の時だったんですが、もっと早く手に入れておけばよかったと思いました。

それくらいいいです。(ミズノの青と黒のやつが今でも一番好きです。廃盤になりましたが。)

※画像クリックで詳細表示

※ミズノのサイトから引用

フットワークのスピードが変わります笑

ですがミズノは底が薄いので、足の内側を痛めやすいのと、捻挫グセがある方はおすすめしません。ダブルスでパートナーの足を踏んで初めて捻挫した時はミズノでした笑

そういう方はヨネックスがいいです。

ヨネックスのパワークッションは本当に関節や筋肉に優しいと思います(^ ^)

最近買ったのはこれですね

※画像クリックで詳細表示

後アシックスはほんまに耐久性は鬼強いです。

1年でもビクともしませんでした。

まぁただ重たかったですね。個人的にですが。

後夏を越したので捨てました笑(においが。。。)

足首ホールドするので怪我はしにくいとのこと。

シニアの選手に人気ですね!

Li-ningはリンダンが履いてた真っ赤な靴を一時期履いてましたが、あれはリンダンだからこそって感じですね笑見た目は最高です。

性能は想像に任せます笑

victorは今目をつけてるとこで次履こうかなと思ってるんですよねー。

ただ試せる場所がないので明日難波までいきます笑

あとは体格やレベル次第ですね。消耗品なので怪我して何万円と莫大な時間を費やすなら少し高くてもいい靴を買うことをお勧めします。そのあたりの投資はがつがついきましょう。

後大事なことは実際に履くこと!

時間に追われている方やラケットショップが近くにない方はネットでぽちぽちと買われると思うんですが(僕もそうです)

バドの試合で履く靴下を持参して、気になったシューズを履いてみてください。

半年に1回ペースで行くんですが、履くたびに「進化してるなー!」と思いますね。

良い靴を履くと疲労度もモチベーションも違うのでね(高い靴が良い靴とは限らない)

妥協せずに買ったらいいんじゃないでしょうか??怪我したら元も子もないですからね!

いつかラケット編も紹介したいですね(^ ^)

また次回をお楽しみに!

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。

是非次回の配信をお楽しみください。

関連記事はこちら!

スポンサーリンク

シェアする